職務経歴書の志望動機の書き方

履歴書と重複してもOK

志望動機を職務経歴書に記載することで、「応募企業だから入社したい」といった熱意を示すことが可能だ。履歴書に志望動機を記載する場合でも、重複して記載して構わない。内容がまったく異なると文面に信憑性がなくなるが、職務経歴書では任意でスペースを調整できるため、履歴書に書いた志望動機をより詳細にした形にすればいい。

 

企業への貢献度を伝える

採用担当者は、応募者のキャリアアップや待遇がいいといった動機に興味はない。

応募者個人ではなく、自社でどのように貢献できる人材なのか、入社したい熱意が本物なのかを志望動機の文面から見極める。

したがって、応募企業だからこそ「やりたいこと」「やるべきこと」の実現に向けて今までの職務経験を活かして貢献したいという文面を必ず加えるべきだ。

応募者の多くは、応募企業の社風や環境、業界の位置付けなどを志望動機に挙げるが、これだけでは採用担当者は満足しない。「受身」の文面ではなく、あなたが持つ職務能力や経験を活かして「与える」発想に切り替えることが大切だ。

 

企業の独自性に注目する

志望動機は、類似した他の企業ではなく、「応募企業だからこそ入社したい」という理由を採用担当者に伝えるべきだ。企業は少なからず社会に貢献し、利益を生んでいるから存続している。したがって、必ず応募企業は何らかの独自性を持っているはずだ。

 

応募企業は第一志望

複数の企業へ応募する場合や、第一志望でない企業であっても、職務経歴書を作成するときは、「どうしても入社したい企業」だという意識を持つことが大切だ。採用担当者は、志望動機から応募者の仕事への熱意と本気度を読み取っている。

 

 

「選ばれる転職者のための職務経歴書&履歴書の書き方」谷所健一郎 C&R研究所