アルバイト経験しかない場合、職務経歴書をどう書くか?

「アピールできない」と考えるのは間違い

アルバイト経験であっても、職務経験としてアピールできる。

今まで携わった職務を掘り起こしてみると、多くの発見があるはずだ。アルバイト経験はアピールできないと考えて一行で終わらせてしまう人がいるが、それでは採用担当者は興味を持たない。

正社員·アルバイトを問わず、今までにどのような仕事をしてきたかが、採用担当者が求職者を見極めるポイントになる。アルバイトだから職務経歴書を書けないと考えた時点で、希望する企業へは転職できないだろう。

 

貴重な経験でアピールする

実際、アルバイトでも正社員以上の能力がある人は大勢いる。褒められたこと、失敗をリカバリーしたことなど、携わってきた仕事を振り返ると、採用担当者が興味を持つ材料はいくらでもある。もしかしたらアルバイトでしかできない経験もあるはずだ。だが、貴重な経験でも職務経歴書に記載してアピールしなければ採用担当者には伝わらない。転職したいという熱意とともに今までの仕事を積極的にアピールしよう。

 

記載ポイント

  • 雇用形態に対する先入観は意識しない
  • 自分だけの貴重な経験は自信を持って書く
  • 自己啓発もモチベーションアピールとして有効

 

「選ばれる転職者のための職務経歴書&履歴書の書き方」谷所健一郎 C&R研究所